キャッシュとは、 Yahoo !JAPAN とGoogleの場合、インデックスを行う時点で保存されたページのことを指します。何らかの理由で目的のページが見られなく なっているような場合でも、検索結果のページにあるキャッシュをクリックすると、キャッシュされたぺージを見ることができます。インデックスのほうは、 Webページの中の単語をものすごく速く探し出せるように抽出して、一定の順序で並べ、その場所を示した表のようなものをイメージするとよいでしょう。
検索サイトは、キャッシュのサーバとインデックス用のサーバを連動させて、検索結果を瞬時に表示しています。検索結果の表示順位は、インデックス化を行うサーバに存在していると言われているので、キャッシュが変わっても検索結果の表示順位は変わりません。 しかし 、スパム行為に関しては、キャッシュの更新とは別に なっていて、いつでもペナルティを課すことができるようです。

ページをインデックスする際、 W3Cに準拠したHTMLの文法を参考にしていると言われています。検索サイトは 、そのページが何について書かれているのか? 何が大切なのかということを理解しようとしているだけで、 SEO対策で重要だと 言われているタグが特別に好きというわけではありません。たとえば、titleタグ、hタグ、 pタグなどに共通する単語や関連する単語が重要だと認識してもら
うためには、 HTMLの文法を理解して、それぞれのタグを正しく使ったほうが検索サイトに伝わりやすいのです。つまり、 Webサイトの作り 手側の意図は、正しいHTMLの文法によ って表現することで、検索サイトにその意図を伝えやすくすることができるのです。

格安SEOのおすすめサイト・・・https://www.switchitmaker2.com/

 

W3Cとは 、 インタ 一ネ ツ トで使用される各種技術の標準化を推進するために設立された非営利の標準化団体で正式名称は、 World Wide Web Consortium (ワールド・ワイド ・ウェブ・ コンソ ーシアム)です。一般的にはW3C(ダブリユースリーシー)と 呼ばれています。

W3Cでは、 HTML 、XHTMLなどの規格を勧告しています。勧告というのは、HTMLやXHTMLの仕様について、議論が交わされ、意見の受付などもすべて終了した状態の文書を指します。勧められたり、忠告されたりといったレベルなので、従うことを強制されたり 、義務付けられたりといった話ではありませんので、誤解しないようにしてください。

W3Cの Markup Validation Service は、 HTMLや XHTMLの記述が勧告内容と照 らし合わせて準拠しているか、 していないのかを検証できるサービスです。分かりやすく 言うと 、HTMLやXHTMLの文法が正しいかどうかを判定してくれるサービスということになります。
使い方は簡単で、チェック したいWeb サイトのURLをテキストホックスに入力し、 Checkをクリ ックするだけです。 W3Cの勧告内容に準拠したHTMLや XHTMLということになります。