head 要素内

ページの基本情報を指定するhead 要素内には、次のような内容を含める。
ページタイトル(titie要素)
ページタイトルはtitle 要素で指定する。 head 要素の中で必ず一 度だけ指定する。指定しなかったり、複数指定することは認められな い。ブラウザのタイトルパーに表示されるほか、音声ブラウザで最初 に読み上げられたり、検索サービ.スで検索結果ページに表示されるので、具体的でわかりやすい内容にしよう。
メタ情報 (meta 要素)
そのページに関するメタ情報はmeta 要素(空要素)で指定する。メタ情報とは、そのページ全体に関わる基本データである。 http-equiv 属性またはname 属性を指定し、 content 属性で具体的な値を指定する。メタ情報の代表例は、 http-equiv 属性ではContentType 、Content-Style- Type 、 Content -Script -Type 、name 属性で はdescription (概要文)、 keywords( キーワード)があります。

Link要素
そのページから見て、ほかのページやファイルがどのような役割かを定義するのがlink要素(空要素)である。たとえばスタイルシートファイルや RSSファイル、目次やヘルプにあたるページ、日本語以外の言語で制作したページ(たとえば英語ぺージ)などを指定するrel 属性で関係、 href 属性でURL、type 属性でMIME タイプ、 media 属性でメディアタイプを指定する。
スタイルシート (style 要素)
CSSのソースコードを指定するための要素である。ただし、ソース コードを直接XHTMLに記述してしまうと、構造に無関係な情報が XHTMLに含まれることになってしまうので、 link 要素を利用して外部 ファイルを読み込むほうが望ましいといえる。
スクリプト (script 要素)
JavaScript などのソースコードや外部ファイルを指定するための要素である。 style要素と同様、ソースコードを直接XHTMLに記述 するのは望ましくないので、外部ファイルを読み込む方法を取るのが.一般的である。外部ファイルは src 属性でURLを指定することで読み込むことができる。

PICKUPおすすめ①ホームページ制作の東京WEBメーカー