コメント表記

XHTMLのソースコードには任意のコメントを入れることができる。 コメントはブラウザには表示されず、制作者が目印やメモ書きとして 利用する。 テキストを <!–と–! >で囲むことでコメント化できる。コメントの中で改行したりと、 長い文章を見やすくすることもできる。なお、 <!–と–! >の間では「二重ハイフンが禁止されている点に注意しよう。」  XHTMLのソースコードで使う記号、半角不 等号をそのまま文字として記述してしまうと、ブラウザがマークアップ 特有の記号と認識してしまい、きちんと表示されないことがある。こういった記号を通常の文字として表示したり、キーボードで直接入力で きない文字を指定する方法を文字参照という。 文字参照には非常にさまざまな種類があるが、 f&J は文字として埋め込む場合だけでなく、 URLに含める 場合にも必ず文字参照にすることに注意しよう。