キーワードの出現場所

キーワードの出現場所

キーワードの出現場所で、最も重視したいのは文頭です。 hタグや、 hタグ直下
のテキス卜をキ ーワードから 書き始めるのが効果的です。文章を書く際 、基本的には主語がキーワードになるはずです。 したが って、文中などにキーワードを埋め込む場合には、指示代名詞に置き換えて書いてしまいがちな文章にも、主語としてキーワードを使うのがコツです。
また 、キーワードを文末に入れてみるのも表現としておもしろいでしょう 。日本語には、体言止めという修辞技法があります。もともとは俳句や短歌の技法なのですが、これをWeb上の文章に応用するのです。名詞で文章を終えることで強調したり 、余韻を残す効果があります。キーワードの出現率は 2%~7%が好ましいと言われていましたが、実際には根拠がなく、 SEO 業界の都市伝説とされつつあり、現在ではこの数値はあまり重要視されていません。また 、10% を超えるとペナルティを受けるというセオリ ーも、キーワードを連呼するような悪質な詰め込みさえなければ、問題はないと今では考えられています。
キーワード出現率自体は、 1ぺージに単語が 100 個ある場合に、ひとつの単語が 5回出てくれば 5%、7回出てくれば 7%というように計算します。結果的に自然な文章を書いていれば、おおよそ 2%~10 %ぐらいの範囲に収まることが、多いという感覚だけでもつかんでおきましょう。無理に出現率にこだわってキーワ ード を埋め込む必要はありません。また、 出現回数を基準に考えると、1ぺージに 100 個の単語が存在する場合と 1,000個の単語が存在する場合では、単語の数が違うので、単純にキーワードの出現回数を比較することはできません。
したがって、出現率をベースに考えるのであれば、5%前後になるような気持ちでソースを書き 、出現回数をベースに考えるのであれば、 1ページの本文に最低 3回、できれば 5回ほど出現するような気持ちでソースを書いてみてはどうでしょうか。

admin