数字で判断するリニューアル時期

数字で判断するリニューアル時期

Webサイトは、生き物であると称されるぐらい、とにかく手聞がかかり 、大事に熟成させていかなければならないものです。生き物であるがゆえに、作ったら終わりではなく、更新し続けることも必要です。そして、ある程度の賞味期限があることも事実です。その賞味期限がリニューアルのタイミンクなのです。
リニューアルの時期は、ある程度数字でも判断することができます。たとえば、検索サイトで表示順位がだんだん下がってきて、しばらく経過を見ても上がる気配かない場合やGoogle Analyticsで、アクセス解析をした際に、全体的なアクセス数が減少傾向にある場合、問い合わせや注文、会員登録など来訪者のアクションが少なくなってくれば、リニューアルの予兆と考えてもよいでしょう。
<数字で判断できる予兆>
・検索サイトの表示順位の低下
・全体的なアクセス数の低下
・問い合わせや注文、会員登録などの低下
・売り上げ金額の低下

admin