12月 2018Archive

経過期間で判断するリニューアル時期の目安

リニューアルの時期は、業種、業態、サービス内容、商品など、Webサイトの状況によって異なりますが、ある程度の目安として経過期間を基に考えることもできます。
コンテンツ(ページ)の追加や更新を継続的に行っていて、PDCAサイクルでWebサイトを運営しているという前提になりますが、「ネット集客中心のビジネス」の場合であれば、通常1年~1年半でリニューアル。
サテライトサイトを1~3サイト保有していれば、さらに1年~1年半の延長ができるものと考えると、最長でも2年~3年の問にリニューアルしたほうがよいでしょう。
また、「リアル集客中心のビジネス」の場合であれば、通常2年~3年でリニューアル。
サテライトサイトを1~3サイト保有していれば、さらに1年~1年半の延長ができるものと考えると、最長でも3年~4年半の聞にリニューアルしたほうがよいでしょう。
<ネット集客中心のビジネスの場合>
新規制作・リニューアルからの経過期間:1年~1年半
サテライトサイトを1~3サイト追加:さらに1年~1年半の延長
⇒「最長でも2年~3年の問にリニューアル」

<リアル集客中心のビジネスの場合>
新規制作・リニューアルからの経過期間:2年~3年
サテライトサイトを1~3サイト追加:さらに1年~1年半の延長
⇒「最長でも3年~4年の問にリニューアル」