imgタグにalt 属性や title属性を付けるのは、SEO的な目的よりも、むしろW3Cに準拠したソースを書くこととアクセシビリティの向上が目的で、美しいソースを書くためには必須とも言える属性です。
alt属性にテキストを入れることは、画像の代替テキストで、画像を非表示にしているブラウザにも、音声で読み上げるブラウザにも対応することができ、アクセシビリティの面でもよいことです。またtitle 属性にもテキストを入れることで、画像の上にマウスを移動した際にポップアップ表示させることもできるので、 alt 属性とtitle 属性はワンセットで考えておくとよいでしょう 。 しかし alt属性に本来の役割を逸脱してキーワードを入れる altスパムが横行したことから、現在では、ほとんど SEO効果はない状況にあります 。
alt属性に入れたキーワードを頼りにするよりも、テキス卜で入れたキーワードを頼りにしたほうがよいのですが、狙っているキーワードに関係のある画像の場合は、キーワードに関係のある alt 属性を付けても問題ありません。alt 属性にキーワ ー ドを入れると即スパム判定というわけでないので、正しい使い方であれば安心して alt 属性を使いましょう。
・画像の内容に合った説明文を書く
・装飾画像などには alt=”” と記述
・同じ説明文をページ内の異なる画像の説明文に使わな い