body 要素内

ページの本文を構成するbody 要素内にはさまざまな内容を含めるが、大きく分けて「ブロックレベル要素 」と「インライン要素」 の2種類がある。ブロックレベル要素でコンテンツを構造化し、インライン要素でテキストなどに部分的な意味を与えます。
ブロックレベル要素
ブロックレベル要素とは「ひとつの独立したまとまり」という意味 で、見出し (h1-h6 要素)、段落 (p 要素)、 リスト (ul 、01 、dl 要素)、表 (table 要素)、フォーム(form 要素)などがある。文字どおり、コンテ ンツのブロック(かたまり)を定義するための要素である。
インライン要素
インライン要素は行内の一部という意味で、アンカー (a 要素)、 画像(img要素)、強調 (em 、strong 要素)などがある。以前は「テキストレベル要素」と呼ばれていたとおり、ブロックレベル要素の中で一 部のテキストに役割を与えたり、内容を埋め込むための要素である。
空要素の注意
多くの要素では開始タグと終了タグで内容を囲むが、テキストなどの内容を持たない要素もある。このような要素を空要素という。 head 要素内に含める要素としては、メタ情報 (meta要素)や文書間関係(link 要素)、 body 要素内に含める要素としては、水平線 (hr 要素)、改行 (br要素)、画像(img要素)、フォームパーツ (input 要素)などがある。このように、空要素には「単にそこに埋め込むだけ」 と役割を持ったものが該当する。 空要素は終了タグを簡易終了タグとして開始タグ内に記述するために hr /を使います。